【工房直売限定】低糖質保存食カップレトルト
*コーヒーババロア

災害などの緊急時に糖質制限中の方でも安心して食べられる低糖質の保存食を開発致しました。
香り豊かな珈琲を使用したコーヒーババロアを、常温で長期間保存出来るカップレトルトタイプでご用意。なめらかな食感で甘すぎないコーヒーババロアは、1個食べても糖質量2g以下とは思えない美味しさの幅広い年代の方にお召し上がりいただける商品です。
保存食各種の単品購入は工房直売のみ承ります。配送は行なっておりませんので、予めご了承ください。


※工房でのお支払い・受取のみの商品です。
※外装や商品の形状は変更される場合がございます。
※初期ロット価格となりますので、今後販売価格が変更される場合がございます。
※写真はイメージです。



■原材料
乳等を主要原料とする食品(国内製造)・エリスリトール・コーヒーパウダー・甘草根エキスパウダー・加工デンプン・ゲル化剤(増粘多糖類)・甘味料(ステビア)
※一部に乳成分を含む

■糖質量/1個当たり
1.65g

■栄養成分表示/1個当たり
・熱量:61kcal
・たんぱく質:0.55g
・脂質:4.4g
・炭水化物:4.75g
(糖質:1.65g/食物繊維:3.1g)
・食塩相当量:0.05g

■保存方法
直射日光を避けて冷暗所保存

■賞味期限
2020年3月

販売価格 463円(税込500円)
購入数


About the owner

穴澤 百合子


突然1型糖尿病になった息子の為に、低糖質のおやつを作り始めました。

同じような食べ盛りの1型糖尿病の子供を持つママ達や、糖尿病で糖質制限したい方に広くお知らせしたくて工房を始めました。


災害時の備蓄に必要な低糖質の缶詰を作る事が、今1番の目標です。

災害時にインスリンが手に入らない時、救援物資の「おにぎり・菓子パン」備蓄の「乾パン・お餅・赤飯の缶詰」これらは、「命を繋ぐ食料」ではなく「高血糖になる毒」になってしまいます。

糖尿病患者の中で5〜7%しかいない1型糖尿病は大変珍しい病気ですが、これから広く知ってもらえると嬉しいです。


パティシエの作る宝石箱のような華やかさは無いけれど、家庭でお母さんが作るような安心出来る味を目指しています。

どうぞよろしくお願いします。


2014.10.29 開業
低糖質の焼き菓子工房・あんな
オーナー 穴澤 百合子


Top